野澤髙一のプロフィール

野澤髙一

プロフィール

野澤 髙一(のざわ こういち)

昭和34年6月25日 宮城県仙台市生まれ

米国国務省[INTERNATIONAL VISITOR LEADERSHIP PROGRAM(Public Opinion Polling in the U.S)] 修了者(2011)

所 属

公益財団法人 日本世論調査協会

座右の銘

行不由経 (こうふゆけい)

道を行くなら小道を通らない。堂々と表通りの大通りを歩む人生。選挙は、私たち国民の一票で、主権者としてその意思を政治に反映させることのできる最も重要かつ基本的な機会です。その一端を担う者として、正しい日本をつくるために投票率100%を目指して、日々真摯に業務に取り組んでいます。

経 歴

学生時代より地元選出の国会議員事務所に出入りし、選挙を経験する

その後、流通業を経て、テレマーケティング会社(マザーズ上場)の営業部門、調査部門の責任者(執行役員)からスピンアウトし、2010年8月、リサーチ&コンサルティングの株式会社アノンを設立する

2010年11月、米国ワシントン.DC、メリーランド州にて「中間選挙」を視察

2011年1月、米国国務省の「International Visitor Leadership Program」(Public Opinion Polling in the U.S.)に選ばれ再び渡米し、米国ワシントン.DCをはじめ、イリノイ州シカゴ、カリフォルニア州サクラメント、ロサンゼルスなどをまわり、当時の(米国)民主党の選挙関係者と意見交換をする、さらに1月25日、オバマ大統領の一般教書演説を現地で聞く機会にも恵まれる

帰国後、選挙(区)の情勢調査・情勢分析に基に、流通業で学んだ「データベースマーケティング」と「顧客識別マーケティング」の理論を加え、体系化し、「問題の本質に迫る分析と課題の抽出」、「的確な戦略と作戦立案」、「具体的改善計画の遂行と進捗管理」を提供し、後援会・選挙対策(組織)強化計画策『測る、つなぐ、約束する。』(戦略的選挙活動プログラム)にて、“志の一票をつくる!”を積み重ね、数多くの候補者・陣営を当選指南する

理 念

ガクスライド1
ガクスライド2
ガクスライド3
ガクスライド4
ガクスライド5
ガクスライド6
ガクスライド7
ガクスライド8
ガクスライド9